救命講習

 先日2月6日に船迫生涯学習センターにて救命講習が行われました。この講習会では柴田消防署の方から「救急車が来るまでに」をテーマに、応急処置に必要な基礎知識の学習だけではなく「胸骨圧迫」や「人工呼吸」など応急手当に必要な処置を実技で学びました。救急車が来るまでに応急手当を受けたかどうかによって人の命が大きく左右されます。その応急手当について参加者全員が人形を使い実践的に応急処置について考え、行動できました。今回この講習会を受けたことで参加者が応急処置の大切さを学べたのではないかと思います。講習会の様子を写真で載せてますのでぜひご覧になってください。

この講習会を受ければ終了証書が消防署から発行されます。